映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」‐感想

感想

 主演の菅野美穂さんもイキイキしてますが、金髪の小池栄子が大迫力です、夢に年は関係ない、「大人だって、夢を見ていいんですよね」。このコピーで、まずウルルッときちゃいましたよ、映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」。仕事人間だった49歳の男性が、故郷・島根に住む母が倒れこと。

 そして親しかった会社の同期が自動車事故で亡くなったことをきっかけに、自分の人生を考えるようになります。そして自分の子供の頃の夢だった「一畑電車の運転士になる」ということを実現すべく会社を辞めるのでした…。

 この監督さんは島根県を舞台にした映画を多く撮っていらっしゃって、「島根LOVE(笑)」なのが、美しい映像を見ても凄くわかります。「でも実際、50歳近くで転職&夢をかなえるなんて都合よすぎ…?」

 なーんて思った人は、ちょっぴり現実にガチガチになっているかも。もちろん、年をとってから新しい現場に入り、一から覚えるのって大変だし、プライドもあるから年下に指図されるのもツライ。

 でも、ここでも主人公が、小さい頃集めていた切符を愛しそうに見つめるシーンがあるんですけど。「昔から好きだったんだよな、電車」そんな気持ちが、お金よりすごい原動力になることもあるんですよね。中井貴一さんがちょっぴり不器用で、でも優しいパパを好演しています。

 「昔目指していた夢はあったけど、でもこの年だからもうムリかも」と思っている人は、すぐにその職業を目指さなくとも、関係ある内容を「勉強する」ことをはじめてはいかがでしょう? 大切な気持ちを思い出せるかもしれませんよ(*^^*)v

Copyright-giwaku-All Rights Reserved.サイト内の文章にはすべて著作権があります、無断盗用引用を禁止いたします。
このサイトはhttp://www.takumu.net/hp/のテンプレートを利用して作成しております。

なんでも感想