日テレドラマ「怪物くん」‐感想

感想

 意外に面白い、さて、春のドラマですが、みなさん何がお気に入りですか? 私は、なんと。前評判が最悪だった「怪物くん」実写版にハマってしまいました。テレビジョンなどで見ていて「はぁ? なんでも実写化すればいいと思ってるかぁ?」とバカにしまくっていた(ゴメンなさい、)ので、今土曜日が楽しみな自分にビックリ…

 それぞれのキャラがとっても合っている、というのもあるんですけど、何も知らない王子様の怪物くんが、さまざまな「世の中の流れ」を周囲に気づかされていく、という過程が現代にマッチしてるんですよね。

 インターネットなどの、電波上でやりとりをするのではなく、ちゃーんといろんな人と「顔を合わせての交流」から学ぶのが◎、すっごい当たり前な構図だけど、最近は貴重ですよね、こういうの。

 最初見ていて「きっついなぁ」と思っていた、主役の大野君の怪物くん扮装も、見ていて違和感がなくなってきた(笑)。原作は、藤子A不二雄さん。ドラえもんの作者である「藤子F不二雄」さんに比べて、作風が同じファンタジーでもちょっぴりブラックだった藤子Aさん。

 もしかしたら、書いた当時(漫画として発表されたのは1965年)から今のような、技術ばかり先走りしてコミュニケーションが減る社会を見抜いていたのかな? なんて深読みしてしまいます。

 業界的には、チェ・ホンマンのフランケンが大人気なのだとか。みなさんも、ストーリーも役者さんのなりきりぶりも素晴らしい怪物くんを、ぜひご覧下さいませ(*^^*)v…仲介手数料無料‐評判も忘れずに!!

Copyright-giwaku-All Rights Reserved.サイト内の文章にはすべて著作権があります、無断盗用引用を禁止いたします。
このサイトはhttp://www.takumu.net/hp/のテンプレートを利用して作成しております。

なんでも感想