映画「ブルー・ゴールド狙われた水の真実」‐感想

感想

 家族で見ても、絶対全員何かしら感じ取れるはず。是非、映画観で、世界で水戦争が起きている? 地球環境を問う映画で、いろんなものがありますが、このドキュメンタリーほどゾッとするものはありません。砂漠化している世界。

 コーラよりも水が高いアメリカ。これから石油よりも貴重な天然資源となり、水を得るために世界各地で「水戦争」が勃発しているのだとか。

 思えば、私は昔、平気で水道の水をゴクゴク飲んでいました。ペットボトルの水が出たとき「はー? 水なんてお金出して買う人がいるのー?」とバカにしていたもんですが、いまやこの現状。確かに、水という資源の大切さは加速度を増し、これから思わぬ高値をつけるかもしれません。

 そのとき、あなたはどうしますか…? そんな質問を投げかけてくる、とても重い映画です…。

Copyright-giwaku-All Rights Reserved.サイト内の文章にはすべて著作権があります、無断盗用引用を禁止いたします。
このサイトはhttp://www.takumu.net/hp/のテンプレートを利用して作成しております。

なんでも感想